はじめてのお葬式で 何をどうして良いかわからない。費用を安く抑えたい。そんな貴方の為に情報を集めて記事にしました。

葬儀はじめてネットワーク

葬儀費用

葬式費用の相場を徹底解説! 費用を下げる方法も教えます!

更新日:

近い将来葬式の手配が必要になりそうだと思い始めたあなた。

とても焦りますよね?

 

葬式には出席したことは有りますが、その費用がどのくらいかかるのか、考えたことは無いからです。

それに、そう何度も葬式に出席する機会は無いですしね。

 

良くわからないからこそ、いざ葬式の手配となる前に、しっかりと情報を収集しておくことをお薦めします。

 

なぜなら、葬儀社の言われた通りに手配してみたら、思った以上に費用を請求されることになります。

こうした苦い経験を持つ方は、非常に多いんですね(汗)

 

葬式の種類や費用の相場について、これから説明させて頂きますね。

 

 

葬式の種類について

葬式といっても、様々な種類が有ります。

一般的には、「一般葬」「一日葬」「直葬」「その他」に大別されます。

 

それぞれの違いを、次に説明させて頂きますね。

 

 

一般葬とは?

一般葬とは、通夜と葬儀、告別式を2日間で執り行うものです。

最も一般的と言ってよいでしょう。

 

会葬者を遺族や親族などに限定せず、職場関係者や友人、近隣の方などに参列して頂くものです。

通夜の翌日に葬式を行うことが一般的です。

 

近年は小さな葬式を望むことが多くなり、「家族葬」も増えております。

これは、会葬者を遺族や親族などに限定したものです。

行う儀式は、基本的に一般葬と違いはありません。

一般葬の相場と費用について

一般葬の費用の相場は、100万円~200万円です。

式の規模やその地域の慣習によって異なります。

 

その費用ですが、大きく3つの費用で構成されます。

・葬式費用一式

・飲食接待費用

・寺院費用

 

一般葬の葬式費用一式について

ご遺体の搬送や、通夜・告別式、火葬など、葬儀葬送における必要な物品、及び人件費にかかる費用です。

3つの費用の中では、最も大きな費用になります。

 

一般葬の飲食接待費用について

通夜から葬儀にかけて振る舞う飲食費です。

参列人数や料理によって、大きく変動します。

 

一般葬の寺院費用について

読経料や戒名料のことです。

依頼する寺院によって、大きく異なります。

 

 

一日葬とは?

一日葬とは、通夜を行わずに、葬儀と告別式を1日で行うものです。

親族を中心に、故人とゆかりの深い関係者のみで行われる場合が多いです。

 

一日葬の相場と費用について

一日葬の費用の相場は、60万円~140万円です。

費用の構成は、一般葬と変わりません。

 

ただ、通夜を行わないため、一般葬と比べて葬式費用一式や飲食接待費が抑えられます。

故人の遺志や、やむを得ず費用を抑えたい場合には、検討すべきものだと言えます。

 

 

直葬とは?

直葬とは、通夜や葬儀、告別式を行わずに、火葬のみを行うものです。

経済的な事情による場合や、故人に身寄りが少なく、呼べる人が少ない場合に選択されることが多いです。

 

直葬の相場と費用について

直葬の費用の相場は、20万円~40万円です。

費用の構成は、主に葬式費用一式の火葬料や骨壺などです。

 

 

その他とは?

「自然散骨」や「音楽葬」、「生前葬」などです。

これらは、まだまだ一般的ではなく、費用の相場も一概には言えないようです。

もし、故人が希望するようでしたら、葬儀社と詳細な詰めが必要になります。

 

 

葬式の費用を下げる方法とは?

葬式の種類によって、費用の相場が大きく異なることはご理解頂けたと思います。

では次に、どのような葬式を選ぶのか以外に、葬式の費用を下げる方法を教えます!

 

一括見積で葬式の費用を下げる!

仮に葬式が差し迫っているのであれば、複数の葬儀業者から一括で見積もりを取ることをお薦めします。

業者同士で競わせて、法外な値段を提示されることを防ぐことが出来ます。

 

差し迫っている状況下で、まともな判断を下すことは困難です。

業者に言われるがままに言い値で契約したり、余計なオプションサービスを契約してしまうことになり、結果的にぼったくられてしまうことにならない為には

複数の葬儀社から見積りを取るのがベストです。

 

↓葬儀費用の一括見積サイトを、是非ご活用下さい。

【葬儀レビ】全国資料一括請求

事前準備で葬式の費用を下げる!

差し迫っている状況ではないならば、互助会への加入がお薦めです。

月々わずかな金額で、葬式費用を積み立てることが出来ます。

 

また、加入すれば、非加入者に比べて30%~50%も割り引かれます。

加入しない手はございません。

 

 

葬式費用の相場を徹底解説! 費用を下げる方法も教えます!まとめ

 

  1. 葬式は大きく4つに大別される
  2. 葬式費用の相場は、何を選ぶかによって大きく異なる
  3. 葬式の種類の選択以外にも、費用を下げる方法は有る

 

葬式はなかなか経験する機会が無いため、適正な金額での手配が難しいものです。

しっかりと情報を収集して、故人にとっても遺族にとっても、双方が納得出来る式にして下さいね。

人気記事

1

夫の実家は車で3時間ほどのところにあり、年に数回、お墓参りを兼ねて帰っています。 ですが、実家に住んでいる義母は年々弱り、この先の義母のことはもちろん、 お墓の世話をどうするか、悩んでいます。 &nb ...

2

人はみんな平等に死を迎えます。 不死身の人は今の所存在しません。 そしていつその死が身近で起こるかはわかりません。 元気だった人が急に病気で、事故で、なんてことはありうることです。 そして、いつ自分が ...

3

法事・法要は本来寺院が行う仏教行事全般を含んだ行事を言い、お釈迦様の誕生を祝る「観仏会」(かんぶつえ)や除夜会、元旦会といった行事が法事なのですが、我々にとっては身内で亡くなられた方のための追善供養が ...

4

若い頃から「俺の骨は海に放ってくれ」と冗談のように言っている夫。 まだまだ元気ですが、シニア世代目前になると、その言葉がリアルに感じるようになってきました。 遠方に住んでいる子どもたちにあまり負担をさ ...

5

もし、あなたやご家族が喪主となり、葬儀をしなければならなくなったら、 慣れないことばかりで大変ですよね。 遠方から来られる方の交通費や宿泊費など、 どうしたらいいのか悩むこともあります。 こちらで負担 ...

6

最近よく「終活」という言葉を、耳にしたり、雑誌で見かけたりすることが多くなりました 50代になり、無意識ながら気にしているのかもしれません。 この間まで、そんなことは全く考えなかったのですが・・・。 ...

-葬儀費用

Copyright© 葬儀はじめてネットワーク , 2019 All Rights Reserved.